2017年09月19日

タレと塩 その3

例えばどうでしょう。
シチューやカレー、角煮のお肉は、ことこと煮込まれて、味がソースやタレに染みでて、それがまたお肉に絡まり、相乗効果を生みます。

逆にステーキやたたきの肉は、肉の味を閉じ込めて、シンプルな塩コショウでいただく。

調理の両極端です。

では焼き肉は?

その場で自分で焼き、食べる。焼き加減や味の塩梅も自分次第です。

サッと焼くのが良いのか、七輪の端でじっくり焼くのが良いのか、片面で良いのか、レアか?ミディアムか?ウェルダンか?

ゆだねられます。

僕の知る限り、焼き肉ともんじゃ焼きくらいでしょうか。

続きます。
posted by 東白庵かりべ at 23:42| Comment(0) | 日記

2017年09月18日

6周年!

9月16日は東白庵の開店6周年でした(^o^)/
本当にあっという間です。

スタッフからも素敵なお花をいただきました。

台風も祝ってくれたみたいです笑っ

今日は台風一過の晴天!そして祝日です!

忙しくなりそうです!
posted by 東白庵かりべ at 11:22| Comment(0) | 日記

2017年09月13日

タレと塩 その2

ハラミを塩で。
う〜む、でも大将が進めるのだから、だまされたつもりで食べてみるか、、、

!!!



普段のハラミは、まずタレの味が来てから(口に入れた瞬間は表面の味)噛み締めると肉の味、肉汁がでて、口の中でタレと合間見えるのでしょう。もちろん美味しいです!

しかし、塩だと、ダイレクトに肉の味がして、それを引き立てるように程よく塩加減が付随します。

もちろん理屈は解っていたつもりでした。蕎麦もそう。塩も良いでしょう。一口目は塩で召し上がるのも一つの正解です。でも、麺とそば汁ががあって初めて「蕎麦」と言えるのかと思います。


論より証拠

試しもしなかった今までが少し申し訳なくも思いました。

続きます。
posted by 東白庵かりべ at 01:12| Comment(0) | 日記