2019年05月31日

海老が高騰

お店の看板メニューでもある、才巻き海老のかき揚げに使う才巻き海老が、高騰しています(TДT)

連休や年末年始などの需要が増える時期や、暑くて海老の成長がとどまる夏日にはこのようになることがあります。もちろん、それを見越して仕入れしますが、異常気象の昨今。ゴールデンウィークがあけてしばらくしても値下がりするどころか、普段の三倍以上の値が続いています。

断腸の思いですが、しばらくかき揚げを休止し、「夏野菜の天せいろ」「穴子の天ぷら」をご用意いたします。
かき揚げを楽しみにお越しのお客様、大変なご迷惑をおかけいたします。
posted by 東白庵かりべ at 13:27| Comment(0) | 日記

2019年05月30日

すす竹

東白庵のお店にお越しいただいたことのある方なら、「おっ?」と思ったことがあるのかもしれません。

壁や席の境に「すす竹」が使われています。すす竹とは、昔ながらの囲炉裏の屋根に使われた竹が、長い年月をかけて、少しずつ「すす」がついて出来るものです。高価と言うか、お金で買えるものではないのかもしれません。

修行先の竹やぶの旦那さんと大工さんが、真っ黒になってお知り合いの材木屋さんから譲っていただきました。

今回の移転先の千歳烏山は、まだスケルトン状態です。そこには神楽坂の東白庵の三倍はあろうかのすす竹が積まれています!
トラックでいらした大工さんの荷降ろしを手伝いましたが、こんなに使うのですか?と思うほどのすす竹です!

大工さんの頭の中の青写真では、みごとに使いこなす設計図が出来ていると思います。素敵なお店に仕上がるのだと思うと楽しみでしかたがありせん(^_^)/
posted by 東白庵かりべ at 18:30| Comment(0) | 日記

2019年05月21日

掲載情報

昨日、手紙を添えられた一冊の本が届きました。

見覚えのある赤いガイドブック、ミシュランガイドです。

東白庵の開店当初から3年間、2番手として一緒に切り盛りし、4年前には地元の岐阜県中津川で独立した和久理くんの店、「手打蕎麦 わくり」が、「ミシュランガイド 愛知 岐阜 三重」に掲載されました(^_^)/

たいしたものです。僕も誇らしく思います。

手紙には「苅部さんのお陰です。他の先輩方にも恥じないよう、精進します。」

なんて、初めは手のかかるやんちゃだった彼が、、、笑っ

技術だけでなく、心も成長したのでしょう。

知り合いが食べに行くときも、行列しているそうです。僕も負けじと頑張ります!
posted by 東白庵かりべ at 19:56| Comment(0) | 日記