2023年02月05日

食べ歩き「TAKAZAWA」その4

まずは、メニューにないアミューズが。

和の前菜をTAKAZAWA風に。
カラシ蓮根。酢ダコ。カラスミ餅。
カラシ蓮根は、ドライにしてサックりな蓮根にカラシのムース。

酢ダコは、実は、この日のベストスリーに入るような今まで味わったことのない食感!その上に赤ワインビネガーのシートが。口のなかで「酢ダコ」になります!

生ハムで巻いた一口に、カラスミ餅が再現されています!

このアミューズにも凄い最新鋭の技法と彼の創作力が注がれています!

つづいては、
「ラタトゥイユ〜様々なテクスチャーを一口で〜」

TAKAZAWAで、多くのお客様を魅了した看板料理です。
毎回違うメニューのなか、これだけは必ず最初に出されます!
十五種類の野菜を、全て違う調理をし、赤キャベツで包み、コンソメでテリーヌにしました。色鮮やかな切り口、専用のスプーンに乗せられ、一粒の大徳寺納豆が風味と塩味をプラスします。

一口で食べるのがもったいない、なんならテリーヌ一本ほしいくらいです(^o^)/
posted by 東白庵かりべ at 12:18| Comment(0) | 日記

2023年02月04日

食べ歩き「TAKAZAWA」その3

久しぶりに袖を通す「一張羅」!普段は真冬でも一年中半袖、仕事ズボン、サンダルなので 笑っ
妻もそれなりの洋服です。

僕はそれこそ二桁はくぐったことのある入り口に、妻は少したじろいでいました 笑っ

高澤夫妻が出迎えてくれます。
よく一緒に飲む仲間ですが、白衣に身を包み真剣な表情になると、こちらも背筋が伸びます。

手元に置かれた本日のメニュー表。

「Enjoy your imagination」

常に新しい料理を考案し、進化してきたTAKAZAWAの集大成の料理名が並びます。

少し雑談をし、料理が始まります。
posted by 東白庵かりべ at 18:28| Comment(0) | 日記

2023年02月03日

食べ歩き「TAKAZAWA」その2

久しぶりに上り電車に乗ります。

千歳烏山に来てからは、もっぱら近くの「調布」や「府中」、「成城学園」に出掛けることが多かったのですが、今日向かうは赤坂!

修行先の六本木ヒルズのお店にいたときには歩いても来れたのでよく遊びに来ましたが、本当に久しぶりです。

この日で赤坂のTAKAZAWAは最後になると思うと、一抹の寂しさはありますが、、、

いや、今日は楽しみましょう!お腹もバッチリ空いています!
posted by 東白庵かりべ at 18:44| Comment(0) | 日記