2022年09月26日

じゆうさん その3

それからもお互いの店に食べに行き来したり、休みを合わせて違うジャンルのお店に食べ歩きにいったり。

彼の結婚式で僕がスピーチしたり、僕の赤ちゃんにプレゼントをいただいたり。


今のご時世、住み込みで朝から晩まで、、、というような修行はなかなか出来ないのかもしれません。時代が違うと言われればそれまでですが、

「同じ釜の飯」を食べた仲と言うものは、よい縁が続きます。
posted by 東白庵かりべ at 19:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。