2022年06月18日

日曜から休む理由!世紀の一戦! その2

キックボクシングの戦績

那須川天心選手、40戦無敗

尊武選手、41戦1敗(カットしての出血ストップで、本人はヤル気満々でした)

違う団体のトップの看板選手として、お互いに戦うことを望んでいましたが、「大人の事情」、「団体の壁」に阻まれていました。

それから5年あまり、、、

天心選手は、ならばもうキックボクシングに敵はいないと、ボクシング転向を決め、

尊武選手も涙ながらに訴えても通らず、悔しい思いをしながら選手としてのピークを迎えてしまいました。
posted by 東白庵かりべ at 16:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。