2020年09月11日

「苦味」とは

五味。

甘味、塩味、辛味、酸味、苦味。

カテゴリーとしては、最近は旨味も加わるのでしょうか。

甘いケーキ。大好きです。ピリ辛も大好き!酢の物や柑橘の酸味も美味しいですね♪


しかし。

「苦味」はどうなのか?漢字も「くるしい」と書きます。 (^_^;)
「良薬口に苦し」も、良い薬ほど味はよくないものと解釈するのでしょうか。

小さい頃はまったくこの「苦味」が理解できませんでした。

ピーマンやゴーヤ、山菜。先日のブログのビールもそうです。子供が嫌いなものは決まって苦味です。


しかし、年齢を重ねるにつれ、この「苦味」を受け入れるようになります。不思議です。味覚の成長なのか。

ピザにトッピングされているピーマンスライスは、小さい頃は外していたのに、たまたま取り忘れを口に含んだとき、「あれっ?悪くないな。」と。青椒肉絲も、竹の子の食感と肉の旨味、そしてピーマンの苦味が合わさると口の中で他にはない調和が生まれます。

この「美味しい苦味」に気がつくまでには時間がかかりました (^_^)/
posted by 東白庵かりべ at 18:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。