2020年07月24日

板わさといえば、

今お店で使わせていただいている板わさは、神戸の老舗の蒲鉾屋さんの「ハモの板わさ」です。都内だと数えるほどしか使う店がないと聞きます。(というより卸してくれない)

ハモのすり身100%で、みっちりと凝縮された、歯ごたえ、味、共に僕の中では一番だと思っております。

お店でお出しするお値段は、蕎麦よりも高いです。

「なんでこの値段なの?」

と、問われることもあります。

板わさは文字通り「切って板に乗せて、わさびを添えるだけ」のスピードを重視する蕎麦屋のつまみです。おかめ蕎麦の具材の名残でもあります。

なので、手間賃やお店の技術料はほぼ無く、原価になります。

続きます。
posted by 東白庵かりべ at 14:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。