2020年07月18日

板わさも自家製?

そう言えば修行時代に「板わさ」と「豆腐」を手作りしたことがありました。

修行先でも、独立してからも、この二つだけは長年お願いしているところから仕入れてきました。

何事もトライは大切です!

当時は湯葉を作っていたので、その流れで豆腐を作ることは出来ました。出来立てはほんのり甘く、鮮度の良い美味しい豆腐が出来ました。

しかし、見た目はお世辞にも、、、(^_^;)
挽き肉を集めたような、見た目と食感がどうしてもざらつくと言うか、なめらかではなく、1日経つだけで味が格段に落ちました。

板わさも作りました。いろんな白身の魚をすり鉢であたって、みりんや塩、砂糖などで整えて板にヘラで形づくります。この整形が難しい(^_^;)
そして蒸し上げます。出来立てのまだ温かいものを醤油とワサビで食べたら、味はシンプルながらもフレッシュで手作り感満載の味でした。
こちらも残念ながら見た目がちょっと、、、汗

表面はゴツゴツしていて、色もくすんでいます。つみれのようでした。また、1日経つと格段に味が落ちるのは豆腐と同じでした。

posted by 東白庵かりべ at 13:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。