2020年06月19日

ハモの天ぷら

お店の暖簾もホームページも夏仕様になりました(^_^)/

メニューも夏の食材が入り始めます。

まずはハモの天ぷらです!数年前に始めたのですが、ハモはまぁ魚やさんやスーパーでは見ることがありません。実際に仕入れたときには大きさに驚きました 笑っ

穴子の大きいくらいかと思いきや、一キロほどあり、大人の腕くらいの長さです!

さばき方も独特なのですが、知らないうちは穴子と同じようにさばいていました 汗

そして、ハモと言ったら骨切り!

皮の近くに骨があるので、薄皮一枚を残して細かく包丁をいれないといけません。カウンターの懐石料理だと「見せ場」になるのでしょうか。馴れてくると小気味良い骨を切る音が「ジャッジャッ」と鳴ります。

天ぷらは薄衣。皮目が高温で縮こまり、包丁の入った身が反り返り、揚げ油が満遍なく行き渡り余分な水分が抜けて全体がほっくり揚がります。お店によっては紫蘇の葉でくるんだり、梅肉を挟んだり、香り塩などを添えますが、ここは塩と天つゆで。

レモンも添えますが、一滴で充分です(^_^)/

淡白なので物足りなさを感じると思いきや、奥に秘められた滋味深さは他では味わえません。

添える野菜天は黒姫高原の色の濃い夏野菜です!

旬て、いいですねぇ〜
posted by 東白庵かりべ at 12:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。