2020年06月08日

蕎麦がきの磯辺揚げ その2

修行先の「竹やぶ」には、旦那さんもお客さんとして席に着くことがありました。

同じお席には、そうそうたるメンバーが見られます。

調理場に顔を出され、「お任せするから好きに出しなさい。」とおっしゃります。

が、

まあ、誰も好きには出せません 笑っ

お店のメニューのいつものものを、いつも通りに出します。

きっと、これはチャンスなんだ!

と思いながらもなかなか「一歩」が踏み出せません 笑っ

これは「旦那」「親方」「大将」と呼ばれる人についたことがある人ならば分かると思いますが、「本当に遠い一歩」なんです。
posted by 東白庵かりべ at 12:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。