2020年05月26日

〜店作り2〜 やはり、

やはり、一番はじめから書きます 汗

神楽坂のお店は自身の住まいと共に賃貸でした。いつかは自分自身の持ち店をと、常に思っていました。

では、なにから手をつけるか。場所探しなのか、銀行の融資なのか、事業計画なのか。

修行先の旦那さんと女将さん、お店の大家さん、お店のスタッフに思いを相談しました。まずは筋を通すことかと思いました。

そして、店作りを神楽坂のお店と同じ北海道の大工の鈴木さん、設備を中村厨房さんに話します。どなたも背中を後押ししてくれる心強いお言葉をいただきました。

自分で言うのも何ですが、この頃のお店は毎日大盛況!予約帳はびっしりです。8年かけて多くのお客様から愛されていました。惜しまれつつの移転閉店は、ありがたくも申し訳なく思いました。

そして取引のある「さわやか信用金庫」さんに相談です。神楽坂のお店がオープンする時からお世話になり、支店長から窓口の方まで顔見知りです。お声も以前からいただいていました。
posted by 東白庵かりべ at 11:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。