2019年12月08日

新しい調理場にて、その3

千歳烏山のお店がオープンする前、個室には調理器具類や器が入った段ボールが山積みになりました( ゚Д゚)

物理的に無理でしょ〜、と思うほどの量です。確かに、そんなに広さは変わらない神楽坂の調理場にも収まっていたので入るはずですが、、、

メインに使う調理器具と器は、使いやすい場所に。これは仕込みの時だけ、これはコース料理の時だけ。
少しずつ収まっていきます。あとは仕事をしながら微調整をするしかありません。

実際にオープンして一月が経つ頃には、以前と変わらなくスムーズに仕事が出来るようになりました。

「これとこれの器の位置を変えよう。」
「これを手前に」
「これは高いところに」
「棚の段を一つ上げよう」

ほんの少しなのに、数センチ違うだけでも、慌ただしい営業中になると、雲泥の差に感じられます。

ようやく落ち着きました。(^_^)/
posted by 東白庵かりべ at 17:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。