2019年09月23日

イクラの茶碗蒸し

8年前の東白庵かりべの開店当初、まだまだお店は静かだったので、当時の調理場スタッフの和久理くん(今は手打ち蕎麦わくりとして独立)とよく新しいメニュー作りをしていました。

温故知新

修行先で培った、蕎麦、天ぷら、つゆ、は大切にし、新たな物にトライする毎日でした。懐かしいです。

筋子から仕入れ、ほぐして塩と蕎麦つゆでイクラの醤油漬けにします。
このままでももちろん美味しいです。炊きたてのご飯にかけたら申し分ありません。

でも、蕎麦屋でそのようにお出しする事は出来ないので一工夫。

蕎麦屋ならではの強い出汁の卵生地で茶碗蒸しにして、イクラをたっぷりのせ、ワサビを少し。

フルフルの茶碗蒸しと、イクラの旨味と塩味は相性抜群です!見た目も美しい新メニュー、

「イクラの茶碗蒸し」が出来ました(^_^)/

11月から新天地ですが、しばらくはお店は静かになるので、また新しいメニュー作りが出来そうです。
posted by 東白庵かりべ at 16:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。