2019年08月01日

三ヶ月前に移転先のお店の床材を、大工さんと見に行きました。

ショールームに行き、多くの床材のサンプルを見せていただき説明も受けます。

僕は木については全くわかりません。それでも「一目惚れ」したものはありました。何十とあるサンプル、店内を何周も見ます。でも、足が止まるのは決まってその木材の前です。値段は一切見ませんでした。


「かりべ、これなんか味があるぞ、こっちは値段も無理ないし、固くて床には最適だ。あとは、そうだな、、、」


四つほどの候補を選んでくださいました。それぞれ特徴があり素晴らしい木でした。そのなかには僕の一目惚れは入っていません。

「鈴木さん、少し気になったのがあるのですが、、、」
「どれだ、見せてみろ。」

「この花梨(かりん)の木です。選ばなかったと言うことは、床には合わないのですか?」

すると、笑いながら、

「かりべ、店の人に値段聞いてみろ。」

他の床材の数倍のお値段でした!
大工さんは、僕の懐具合も気にしてくださいました。

続きます。
posted by 東白庵かりべ at 20:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。