2019年01月31日

食べ歩き「てんぷら 近藤」その3

コの字のカウンターは、15席あります。もちろん満席です。

僕もお店で天ぷらを揚げていますが、15人分を同時に揚げることはとても出来ません。

サポートのスタッフ二人との連携は、まさに阿吽の呼吸です。

智也さんご夫妻と乾杯です(^_^)/

まずは巻き海老です!
身は薄衣から赤い縞模様がうっすら透けて、海老のあの食間と、甘みが際立ちます!
頭は下粉だけはたきじっくり揚げてさっくりです!

この時点で、コースには入っていないのですが、近藤さんの代名詞の「さつま芋の天ぷら」と、「ニンジンのかき揚げ」を追加します(^_^)/

握りこぶしほどもあるさつま芋を、鍋に入れます。油の深さよりもさつま芋の方が高いので、返しながら、転がしながら挙げています。楽しみです!

蓮、茄子、小玉ねぎ、野菜を多く使い、食材の一番適した揚げ加減でいただきます。

うにを大葉でくるみ、さっと揚げた天ぷら、大きな白魚を束ねた天ぷらも口の中に香りが広がります(^_^)/

この日は木曜の昼の食事でした。仕込みは午前中に終わらせましたが夕方からは仕事です。そうでなければ飲めたのに〜(TдT)

続きます。
posted by 東白庵かりべ at 21:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。