2017年11月26日

カラスミ作り その2

今年も良いボラ子が入りました(^o^)/
ボラは何でも食べてしまうらしく、また、卵に栄養が多くいくので、汚れた海のものは卵にイヤな臭いがついてしまいます。
もちろんエサの少ない海でも卵が小さく、脂がのっていません。

そして、カラスミ作りは3ヶ月ほど天日に干すのですが、その間は味見ができません。最初の「塩梅」で決まってしまいます。

はじめの頃は、出来上がってから

「少し塩が強いな。」
「今回は甘塩だな。」

なんてやっていましたが、ここ数年は安定して、好みの塩加減に出来るようになりました(^o^)/
posted by 東白庵かりべ at 18:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。