2022年06月03日

娘の名前を決めるとき その4

娘の名前は、我ながら素晴らしいと思います(^o^)/

古風でもあり今でも色褪せない。赤ちゃんの時も学生、青年、年をとってもどの時代でも似合います。

そして、その名前には僕の夢が託されています。

本当は親が子に押し付けてはいけないのですが、願いとしてです。

姓の「苅部」もなかなか珍しく、名の方も多い方ではないので、たぶんこの世に1人だけの、この子だけの名前だと思います。

不思議と、ある日突然空から舞いおりた、とても美しい名前です(^o^)/
posted by 東白庵かりべ at 18:19| Comment(0) | 日記