2022年06月01日

娘の名前を決めるとき その3

「嬉しい誤算」とも言えますし、「究極の選択」ともとれます。

2つの名前。

候補として嫁に聞きます。

僕の中で、わずかに優勢だった白い旗をあげました。

ご両親に問います。

こちらは赤い旗があがりました。

それも嬉しかったと記憶にあります。

結局、審判は僕に委ねられました。まさに鶴の一声です。

この時すでに迷いはありませんでした。白い旗です。

それを嫁もご両親も、受け入れてくれました。

人が唯一無抵抗で受け入れる「我が名」。子にしても親にしても最初で最後です。
posted by 東白庵かりべ at 16:09| Comment(0) | 日記