2022年02月16日

今は亡き両親へ その5

今、ようやくその二つが叶いました。

遅くなりました。

僕は46です。

上で見てくれている、親父とお袋をかなり待たせてしまいました。



妻のご両親。

修行先の竹やぶの旦那さんと女将さん。

千歳烏山の店探しをお願いしてから、ずっと僕の事を親身に思ってくださる方。

店を二回も作ってくださった大工さん。

東白庵のスタッフ、多くの仲間たち。

本当に祝福してくれました。妻が実家で養生している間に、自宅の玄関はプレゼントで山積みになりました!

ようやく親の気持ちが少しだけ解りました。
posted by 東白庵かりべ at 11:11| Comment(0) | 日記