2022年02月11日

今は亡き両親へ

僕の両親は、僕が修行中に亡くなりました。

父が先でした。

父は仕事上引っ越しが多く、晩年は静岡県の伊豆でした。それも山の中。近所もないほどの山中です。

修行の身です。帰れるのは、決まって夏と正月の連休だけでした。

父は癌でした。お医者さんからは、余命宣告も受けていました。

修行先の「竹やぶ」の旦那さんと女将さんは、すきなだけ仕事を休んで、実家に帰るように勧めてくださいました。

お言葉に甘えて休みをいただきました。

3日間

そう決めていました。
posted by 東白庵かりべ at 14:41| Comment(0) | 日記

2022年02月09日

改めて、

以前のブログにも載せましたが、昨年末にパパになりました。

齢45にして、パパになりました。

私事です。

しかし、この上ない喜びを感じています。

これからは、子供の成長もブログに載せられたらと思います。

ちなみに、「お父さん」ではなく、「パパ」です(^o^)/
posted by 東白庵かりべ at 19:26| Comment(0) | 日記

2022年02月05日

客観的に見ることは、

自分の蕎麦打ちや、天ぷらを揚げる姿を客観的に見ることはありませんでした。

調理場に入るスタッフや修行時代の後輩、または専門学校の生徒に指導することはありましたが、自分自身が一番わかりません。

(はたして自分の仕事姿はどうなのだろう?)

これが率直な気持ちです。

、、、

、、、

、、、!

いいじゃないですか〜(^o^)/

蕎麦切りシーンの手元、蕎麦がきを作るところ、天ぷらを揚げるところ。

初めて見ましたが、良い仕事ぶりだと思いました。(^o^)/

自画自賛になってしまいますが音もリズミカル。無駄な動作は見当たりません。

一応27年やってますので(^_^;)

ただ、自分の中の声ってこんなのだっけ?と思ってしまいました(* ̄∇ ̄*)
posted by 東白庵かりべ at 17:54| Comment(0) | 日記