2021年09月07日

異彩を放つ

少し遡って梅雨前のことですが、暖かくなってきたので、眠らせていた屋上の菜園を手入れしようと、久しぶりに屋上に上がりました。

「んんん!?」

屋上に登った瞬間、植えた記憶のない背の高い植物が目に入りました。

近づいて観察しても、記憶にないものです (^_^;)

ほとんどのプランターは、その役割を終えて休眠しています。その中でのこの植物はある意味「異彩」を放っていました(^_^;)
posted by 東白庵かりべ at 13:00| Comment(0) | 日記