2020年05月31日

11分の壁

「天丼のお土産3つ、生蕎麦2箱です!」

調理場に注文が入ります。

電話やネットでお早めにご予約をいただけると、スムーズにご用意できますが、通りすがりに「天丼食べようかな♪」と注文をいただく事が6割です。僕たちからしたら、まさに神出鬼没な注文です 笑っ

そこから天丼用の天ネタを仕込み、衣を作り、揚げ、テイクアウト用の器に手提げ、丼つゆも用意します 汗

お客様には「15分ほどお時間をいただきます。」とお伝えしますが、初めは20分近くかかりました (^_^;)

これではいかんと、調理場のスタッフと試行錯誤を繰り返しました。器や手提げをどこにおいておくか、具材を揃えたネタ箱を用意しておき、丼つゆのレシピも目の前に張りました。

お店の混み具合にもよりますが、15分、13分と短縮され、ついには11分まで来ました。

しかし、この「11分」が人類の限界なのでしょうか 笑っ どうしてもこの壁を破れません。天ぷらを揚げる時間は短く出来ませんし、具を切り置くことも出来ません。

もちろん、早ければ良いというわけではなく、より美味しくよりお待たせすることの無いように。

冷蔵庫の配置を変える、スタッフとの連携を見直し、前人未到の10分台を目指します(^_^)/

posted by 東白庵かりべ at 12:56| Comment(0) | 日記