2019年12月31日

大晦日

昨夜は大晦日に向けた意気込みをブログに上げることなく眠ってしまいました(^_^;)

ようやく少し落ち着き、これから夜の部です!

全国のお蕎麦屋さんも、佳境に入ったところでしょうか。もうひと踏ん張りですね!

大晦日は、お客様にとっても、僕たち蕎麦屋にとっても特別な1日です。

蕎麦屋へお出掛けになるお客さま、蕎麦屋の年越しをお楽しみください。
posted by 東白庵かりべ at 17:15| Comment(0) | 日記

2019年12月28日

お土産の

「年越し蕎麦のご予約、承っております。」

との貼り紙を、初年度なのでお店の前の通りに打ち出しておりました。

予想をはるかに上回るご予約をいただいております(^_^)/

お土産の年越し蕎麦は、ご家庭での茹で加減の秒数を説明文に記載するため、全く同じ水加減にし、茹で上がりを同じにしなければなりません。

お店の蕎麦は、蕎麦粉も水分も計らず、割り粉も入れない10割り蕎麦です。茹で時間も計りません。その日の蕎麦は、その日の茹で加減です。しかも感覚です。

年越し蕎麦は、2割の割り粉を入れて繋ぎを良くし、水分量もきっちり計り、やや太め。ご家庭での事を考慮した蕎麦打ちになります。

よって、1度に打てる量も決まっていて、何回打てば必要な箱数に達するか一目瞭然です。

(^_^;)

大晦日の朝の起きる時間がかなり早まりそうです!
posted by 東白庵かりべ at 20:48| Comment(0) | 日記

2019年12月27日

お土産

大晦日には、修行先から神楽坂時代にも、もちろんお持ち帰りのお土産のお蕎麦をご用意しておりました。

しかし、多くはやはり直接お店内でお召し上がりになる方が多かったように思います。今年は千歳烏山初年度だし、どうだろう?と模索していますが、お店の入り口、店内のメニューにもお土産の蕎麦を打ち出していました。

今現在、すでに過去最高のご予約数をいただいております(^_^)/
一枚で済むと思われた予約表も、三枚目に突入です!

嬉しい悲鳴です!

ご予約分は仕込みの予定にスムーズに組み込めます。あと考えるのは当日の蕎麦です!悩みます〜。
posted by 東白庵かりべ at 18:11| Comment(0) | 日記