2019年02月03日

食べ歩き「てんぷら 近藤」その6

お食事も終わり、他のカウンターのお客様が帰り行くなか、

「ありがとうございました!」
「お気を付けて!」

一番元気の良い、気持ちの良い声は、若いスタッフでなく近藤さんご自身でした。

営業中の、
「追加で牡蠣一つ!」
「アスパラをもう一本ですね!」
「おしぼりお願い!」
も、齢72とは思えない張りのあるお声でした。


もちろん、若いスタッフも気持ちの良い大きな挨拶なのですが、近藤さんご自身のお客様に対する感謝の気持ちはとても大きく感じました。

全てのお客様が帰られた後にも、僕たちのために、揚げ方に対する質問に惜し気もなく答えてくださり、若い頃のお話しや食材に対する思いを、嬉しそうにお話しくださいました。

お腹も気持ちも一杯です(^_^)/

近藤さん、ご馳走さまでした。
posted by 東白庵かりべ at 18:02| Comment(0) | 日記