2018年04月14日

続、白熱!

勝ち抜き戦なので、連続で戦うこともあります。さらには体重制限も五人チームの合計体重なので、軽量級対ヘビー級もあります。
また、体重差が20kg以上のときには、試合時間が短くなり、引き分けにもつれ込みやすくなります。

よって、戦うのは個対個ですが、作戦によってはポイントゲッターを引き分けにしたり、敵わないと思ったら次の仲間のために相手を疲れさせたり出来ます!


ここで出ましたグレイシー!

体重差のある、桜庭チームのポイントゲッターのジョシュ-バーネット選手に、あからさまな引き分け戦法です!会場からもブーイングですが、頭脳プレーと言えるし、もちろんルール上問題ありません。

ヤジが飛び交います!

かりべも吠えました 笑っ

あまり消極的だと、不利なポジションからスタートします。残り時間もなく、最後のチャンスです。ジョシュ選手も勝負に出ます!

かりべも吠えます 笑っ

「いけ〜!ジョシュ〜!!」

「決めてくれ〜!!」

「頼むぞ〜!!」

かわされました〜(T0T)

「「ああぁぁ〜」」

会場もため息です。

これが勝負の分かれ目だったように思えます。グレイシー率いる柔術チームが優勝し、桜庭チームは準優勝でした。

とても考えられたルールで、個人力だけでなく、戦いようでいろんな可能性が出てきそうです!
posted by 東白庵かりべ at 21:01| Comment(0) | 日記