2018年04月26日

容赦のない先輩 笑っ

「かり、今から10分で行くから、よろしく!」

「えっ?いや、あの、、、」

ガチャリ、プー、プー、、、

修行先の竹やぶの長男、亮輔さんから突然の電話です。

すでにこの時点で閉店時間を越えています( ̄▽ ̄;)

しかもたちの悪いことに、亮輔さんからの着信が出来ても、こちらからの発信はつながらない、壊れた携帯をお持ちです
( ̄▽ ̄;)


「なんで、折り返さないんだよ!」

「ですから、こちらからの電話は繋がらないですって〜、半年前からですよ 泣」

「わるいわるい。あと20分で着くわ。」

延びてる( ̄▽ ̄;)

こうなったら、こちらも楽しむしかありません 笑っ

11時過ぎに到着し、一緒に飲み始め、深夜2時をまわりました。

まぁ、いつものことです( ̄▽ ̄;)
posted by 東白庵かりべ at 12:34| Comment(0) | 日記

2018年04月25日

今夜は、

ありがたい事に、お店は遅くまで賑わいました。
お陰さまで、晩御飯にありつけませんでした 笑っ

さすがに神楽坂と言えども、12時を過ぎると行ける店が限られます。

久しぶりに深夜までやっているラーメン屋さんに来ました!

カウンターにところ狭しとジョッキと餃子、メンマをつまみに、談合が飛び交います!

う〜ん。いいね、この雰囲気(^o^)/

かしこまった店もよいですが、たまにはこのざっくばらんとした空気も大好きです。

狭めのカウンターを知らない人どおしが膝をよせ、譲り合い、無言のさりげない気遣いが交わされます。

それなのに居心地がよい。

不思議です。

マナーと言う言葉すら「野暮」です。

今宵は良い酒が飲めました(^o^)/
posted by 東白庵かりべ at 01:37| Comment(0) | 日記

2018年04月21日

山菜♪

東白庵を造ってくださった、北海道は紋別の大工さん。
この季節になると山に入り、様々な山菜を採って送ってくださいます。

時には珍しいものから。

時にはバラエティー豊かに。

時には大きな段ボール一杯のフキノトウだったり( ̄▽ ̄;)

メニューでは、「野菜の天ぷら」のご用意もありますが、旬のおすすめで「山菜の天ぷら」を載せると、断トツで山菜の天ぷらが出るようになります!

山菜の旬は短く、自生しているものも1日、2日で食べられない大きさになってしまうものです。

そして、新芽の強い味と、伊吹のほろ苦さ。

たまりませんね(^o^)/
posted by 東白庵かりべ at 22:31| Comment(0) | 日記