2018年03月10日

食べ歩き「樋口」その3

一皿目は、すっぽんの茶碗蒸しです!
この日はかなり風が冷たかったので、温かくすっぽんの滋味深さを感じるお料理でした。

二皿目は、猪のあぶり、ふきのとうの天ぷら、ふき味噌添えです!

薄切りの猪の肉をサッと炭火で炙ると、余分な脂と臭みが落ちて、自信の脂で焼かれる感じになり、赤身とのバランスが素晴らしい、野生の味が残ります。冬眠から覚めて、地面からはふきのとうが出始める季節のお料理でした。

ホッキガイと、わさびの葉のジュレ掛けです。
爽やかなわさびの葉と食感、ホッキガイの歯触りは優しいジュレに包まれます。口の中を一度リセットさせてくれます。

そして、お椀。
筍とわらび、アイナメのお椀です。
春満載のお椀は、ほわっと、出汁の香りに包まれます。そして、春を代表する筍、わらび、アイナメ。思わずため息が出てしまいます。

日本酒に突入です〜(^o^)/
posted by 東白庵かりべ at 19:02| Comment(0) | 日記

2018年03月09日

食べ歩き「樋口」その2

開店と同時に入りました!
柔らかな口調の女将さんがカウンターの特等席にご案内くださいます。
そのカウンター越しには、ご主人の樋口さんが鰆をスモークするワラの煙に巻かれています!

竹やぶの旦那さんがつい先日いらしたこともあり、僕たちのことも周知してくださっていました。

懐石料理のメインは、季節の土鍋ご飯がお決まりですが、樋口さんでは手打ち蕎麦をお出ししています。

その事もあり、蕎麦屋の僕たちとの蕎麦の会話に合わせてくださいました(^o^)/

まずはビールで乾杯です♪
posted by 東白庵かりべ at 19:57| Comment(0) | 日記

2018年03月08日

食べ歩き「樋口」その1

年に数回、修行仲間と食べ歩きに出掛けます。今回は修行先「竹やぶ」の旦那さんと女将さんのオススメの明治神宮にある「樋口」さんにうかがってきました(^o^)/
多くの名店を食べ歩いている、旦那さんと女将さんが口を揃えて絶賛するお店です!期待が膨らみます。

今回のメンバーは、「竹やぶ」の二代目の智也さんと本八幡「藪から棒」の光山くん、そしてお馴染み石神井「こねり庵」の山下くんです。

寒空のもと、原宿で待ち合わせ、ワイワイ賑やかな御一行が駅から少し離れた「樋口」さんへ向かいます(^o^)/
posted by 東白庵かりべ at 20:54| Comment(0) | 日記