2018年03月19日

食べ歩き「樋口」その6

いよいよメインの天然のウナギの直焼きです!
天然の大ウナギを丸のまま串に刺し、炭火で焼くのですが、、、

僕の記憶している限りでは、30分以上も焼いていました!

遠火でじっくりとはいえ、失礼ながら「忘れてるのでは?」「もう良いのでは?」と声をかけてしまいそうでした 笑っ

串を抜き、いよいよか!と思いきや、串を打ち直し、また焼き続けます
( ; ゜Д゜)

脂が滴り、炭に落ち、その跳ね返りの煙で燻されて、また脂が滴り、、、を繰り返し、ようやく器に盛られたうなぎ!

自信の脂で揚げられる形にもなり、皮目は、サックサク!香ばしさも抜群!身はホワッホワです(^o^)/
うなぎは皮目の脂身を楽しむものかと思っていましたが、このような食べ方は産まれて初めてでした!

もうお酒は充分かと思っていましたが、すかさず緊急追加です!

土鍋ご飯。
炊きたてのご飯には、稚鮎よりも更に稚魚の「氷魚」(ひうお)を掛けていただきます。白魚のようなキレイな魚です。そして御新香と、おみおつけです。

〆には、
「お蕎麦屋さんの皆さんにお出しするのは恐縮なのですが、、、」

と話ながら、目の前で手打ち蕎麦を茹でてくださいます。

蕎麦汁も、蕎麦屋のものより、「和食」の繊細なもの。細打ちの蕎麦は、お腹いっぱいでもスルリと喉ごしよく胃に入ってしまう、とても美味しいお蕎麦でした。

デザートもいただき、仲間との会話も楽しみ、とても幸せな時間でした!
樋口さん、ご馳走さまでした。
posted by 東白庵かりべ at 18:47| Comment(0) | 日記

2018年03月16日

食べ歩き「樋口」その5

次は、白子の陶板焼きです。
蒸されてふっくらしたフグの白子は焼かれた陶板で提供され、上には玉ねぎと甘めの醤油のソースです。醤油が焦げた、“あの”縁日の風味と玉ねぎの少しの辛みが白子のネットり濃厚さを引き立てます。しかも底はお焦げが出来ています(^o^)/

もろこの酢味噌です。

初めて食べましたが、「もろこ」と言う小さな魚を炭火で焼いて、背から開き、骨を抜いて酢味噌を詰めます。ホロリとした淡白な白身ですが、川魚でしょうか。ホワッと香り、優し目な酢味噌が包みます。

カブのフカヒレ餡です。

出汁を含ませて炊いたカブには、まさかのフカヒレ餡です!予想外の食材ですが、スプーンで共にすくって口に入れると、あくまで主役はカブで、たっぷりと出汁を吸ったカブをフカヒレの食感が後押しします。

日本酒が止みません(^o^)/
posted by 東白庵かりべ at 12:09| Comment(0) | 日記

2018年03月15日

若くはない (-_-;)

修行時代の仲間が実に10年ぶりに訪ねてきてくれました(^o^)/
火曜の夜、他の仲間も集めて飲み会です!箱根竹やぶ、こねり庵、東白庵など、次の日が休みなのでそれはそれは盛り上がり飲みました(^o^)/

皆は東白庵の2階に泊まっていくのですが、こねり庵の山下くんだけ

「僕、自分の布団でなければ寝れないです〜」

いい大人が、そんな事を言い始めたので始発まで飲むことになりました。

22時半に飲み始め、お開きは明け方の4時半です。さすがに若くはないので、次の日は昼過ぎまで寝ていました 汗

皆、いくつになっても変わらない仲間たちです♪
posted by 東白庵かりべ at 19:13| Comment(0) | 日記