2018年01月31日

店見知り その5

続いては、
すっぽんのラビオリです!

この日一番の感動の上質なコンソメスープを一口すすると、思わず笑みがこぼれます(^o^)/

超越したスープは「おいしい♪」と、言葉に出てしまいます!

僕はスープほどダイレクトに舌に伝わり、お店の味付けがわかってしまうものはないと思っています。蕎麦屋でもかけ汁(温かいお蕎麦の汁)は、厳重な味見をします。

シェフも
「鳥やガラ、野菜、香味野菜でブイヨンをとり、そこからひき肉でさらにうま味をつけて、といた卵白で雑味や濁りを吸着させて濾します。それがコンソメです。」

と、熱く語ってくれました!

すっぽんのラビオリもこのコンソメをまとい、食感、後味も素晴らしいものでした(^o^)/

最後は豚肉のローストです!

ボードに書かれたオススメのグラスワインをいただきながら、絶妙な火入れのされた銘柄豚のロースト!飲み過ぎ注意報が発令されました 笑っ

シェフとの会話も楽しめ、目の前の調理で出来てから数秒で提供される、リアルタイムな美味しさは、神楽坂での夜の楽しみが増えました(^o^)/

小阪シェフ、ごちそうさまです!
posted by 東白庵かりべ at 13:05| Comment(0) | 日記

2018年01月30日

店見知り その4

菜の花とホタルイカの和え物です。
和え物といっても、酢味噌や合わせ酢などではなく、菜の花はマスタード餡がまとい、上にはトマトと洋のジュレ、チーズが(^o^)/いきなり胃袋を鷲掴みにされました!
一足早い、春の一皿です。

こうばこ蟹のサラダです。

ほぐされた蟹の身とあまり見慣れないベビーリーフのような葉物のサラダです。蟹の身がたっぷりで、少し酸味のあるソースは蟹とマッチしたテイストでした(^o^)/

鴨肉のローストです!

「塊肉を焼くのは得意ですよ!」
と誇らしげなシェフの言葉に裏打ちされた鴨肉は、見事なロゼ色のジューシーなむね肉と、焼き目のついた香ばしい皮目のコントラストに期待が膨らみます(^o^)/
噛むと、鴨のむね肉特有の上品な旨味と、脂身の濃厚さ、血の酸味と塩のバランスが絶妙です!ボリュームもあります(^o^)/

早くもボトルが空いてしまいました 笑っ
posted by 東白庵かりべ at 18:49| Comment(0) | 日記

2018年01月28日

店見知り その3

「な〜んだ、かりべさんですか♪」
と、シェフも思い出してくださいました(^o^)/

メニューを見せていただくと、数は絞られていますが、和と洋テイストがおり混ざり、モダンでもありクラシカルでもある。どのメニューも「そそるもの」があります。

聞くと、シェフは和食もフレンチも修行なさったそうです。

おまかせもあるので、僕のリクエストプラス、オススメをいただく事になりました(^o^)/

続きます。
posted by 東白庵かりべ at 18:22| Comment(0) | 日記